社交ダンスの田中清&静子の体験談|大野城の森川ダンススタジオ

092-522-6067

福岡市中央区平尾1-13-25 国泰ビル206

田中様の社交ダンスの体験談

66才から習い始めた社交ダンスもアット言う間に11年!! 田中清&静子 様

<動機は>

①一つ位は夫婦共通した趣味を持つ。
②足腰の衰えを少しでもカバーしたい。
③猫背になるのを未然に防止したい。
④音楽に合わせて、誰とでも自由自在に踊れるようになってみたい。
⑤より多くの方々とお友達になってみたい。・・等々でしょうか?

<習い始めは>


大野城市「まどかぴあ」の文化サークル「ときめき社交ダンス」へ入会したのが始まりです。
超一流のダンサーで有り指導者の、森川先生より教わると言う恵まれた環境下で、私達夫婦は社交ダンスを始めました。
※当時忘れられない言葉=男性は女性の3倍練習しなければ女性と同レベルにはなれないよ!!(成果は見られませんが、現在も頑張ってはいるつもりです。)
※当時一番難しかったステップ=ルンバのアレマーナでした。(サークルのみならず、個人レッスンで手取り足取り教えて頂きましたが、随分手間取りました。先生の脚の運びはまるで脚のマジシャンの様でしたネ。)

<中間点では>


まどかぴあを卒業後、下大利サークル、中央コミュニティーサークルの一員としての機会を与えて頂きました、森川先生のご高配とご指導と、温かく迎えて頂きましたサークル員の皆様方の友情により、何度もくじけそうになった気持ちを克服した事等懐かしく思い出されます。
※当時一番難しく感じた種目=スロー・フォックストロットでした。(秘かに駅のホームで人目を気にしながらのステップや買い物のお供では、スーパーのカートを利用してのステップ等々努力?もしました。)

<11年目の現在>


森川先生のモットー「楽しく・優しく・美しく」には程遠いのですが、週3日間4サークルで社交ダンスを教わっています。気力・体力・向上心が続く限り「楽しく・優しく・美しく」を目指して頑張りたいと思います。
又地域の身近なより多くの方々

に、"社交ダンス愛好家"になって頂けるような動機づけや活動にもチャレンジしてみたいなーとも思って居ります。
森川先生、サークル員の皆様、今後とも旧に倍するご指導とご鞭撻を宜しくお願い致します。